2つの革サドル、Brooks FlyerとBrooks Professional Selectを比較してみる

自分が持っている革サドルは2つあり、1つはBrooks Flyerという、バネ付きのスポーツ自転車用サドル。

FlyerはEscape RX4に装着していて、レーサーパンツ無しで東京~直江津~糸魚川330キロ獲得標高4500メートル柳沢峠・上日川峠・笹子峠・松姫峠上りだけで合計約78キロ等の難コースを、このサドルを使い走っている。因みにWiggleでもBrooks Flyerが売られていて若干安い。

DSCN2663

もう1つは、貰い物の昔のBrooksのサドル。ネットで調べてみると恐らくProfessional Selectというものだと思う。これは、ウメザワ・ランドナーに装備されていて、Escape RX4のセカンドバイクになっている。

DSCN3693

折角違うサドルがあるので、今回は自分なりに使用した感想を書いてみることにした。

・Professional Selectのほうが乗り心地が硬いが、お尻に合わない合革サドルよりは遥かにいい

ランドナーに装備してあるProfessional Selectは、革の厚みがあるためか乗り心地は硬くて、革が薄いFlyer(ここではFlyer Selectの革は厚いらしいので注意)よりも馴染むまで時間がかかるのでは?と思う。ただ革が体重で少ししなるので、点でお尻に荷重がかかる合革サドルよりは遥かに良い。また革サドルは滑りがいいので普通の服でも走りやすいように感じる。個人的には今後は本気で走る長距離用自転車は革サドルを中心に使おうと思っている。

・FlyerとProffesional Selectの乗り心地の違い

走行距離が違うため、一概に言えないけど、メインで使用しているFlyerは「自動車のシート」みたいに乗り心地がいい。理由を自分なりに考えると、アップライトな姿勢に、革が薄くて馴染んでいくうちにハンモックみたいに、お尻の荷重が全体に分散し、ペダリングによる加わる荷重がかからないのもあるのかもしれない。Professinonal Selectは「良い自転車のサドル」で、お尻のフィット感は高いけど、硬めの乗り心地などを感じると「自転車のサドル」だと思う。

・FlyerとProfessionalならどちらを選ぶか

昔のサドルである、Professional Selectは新品購入は出来ない代わりに、似たようなものとしてTeam Proというのがあるらしい。これはBrooks Professionalのイメージを受け継いだサドルらしく、実質的にProfessionalの後継サドルに見える。

もし、FlyerとTeam Pro(Professional)のどちらか1つを無料であげると言われたら、自分はFlyerを選ぶと思う。前傾姿勢用の細身のサドルのTeam Proは、自転車ツーリングで使う使用条件等を考えたら、汎用的に感じなく。今までの実績と汎用的を考えたらFlyerを選ぶと思う。逆にスピード嗜好だったらTeam Proを選ぶだろう。

・Professional Selectは競技志向のサドルで、アップライトな自転車には使えない

Professional Selectをアップライトな姿勢になっているEscape RX4に装着したら、お尻にかかる荷重が明らかに高すぎるように感じ、すぐにサドルを戻した。細身のサドルのProfessional SelectはFlyerにはついている、サドルバッグ取り付け用の金具が無いので、競技用と言われていて、昔のレーサーでは採用されていた物だったらしい。TokyoBikeの通販でTeam Proの紹介でTokyobikeのアップハンドル仕様に装着されているけど、経験的にこれだと、お尻に荷重がかかりすぎるので、すぐにおしりが痛くなると思うので、真似しないほうがいいと思う。

スポンサーリンク