2015年モデルKHS折りたたみ自転車の注目モデルは?

総合スポーツ自転車ブランドでは、不思議なことに折りたたみ自転車には力を入れている所はあまりいないが、総合スポーツ自転車ブランドのKHSは、折りたたみ自転車にも力を入れている。検索してみると、KHSの2015年モデルの展示会に行った人の話を見つけた。

KHS2015モデル展示会に行ってきた!(前編) ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/ウェブリブログ

KHS2015モデル展示会に行ってきた!(後編) ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/ウェブリブログ

詳しい内容は上記のサイトに任せて、自分なりに気になったのをまとめてみた。

・Dahon風デザインのF-20Aが登場

KHSの折りたたみ自転車と言えば、直線的なフレームの形をした走り重視の折りたたみ自転車というイメージが日本にはあるが、2015年モデルのF-20Aは、DahonのMuみたいな曲線的なフレーム形状、安定性重視のやや太めのタイヤ、泥除け、荷台が標準装備されているなど、走りよりも日常性能を重視した折りたたみ自転車となっている。価格は税抜き価格46,000円とのこと。

・Microshift製変速機採用モデルの多さ

台湾の変速機ブランド「Microshift」は、日本ではあまり認知されていないが、サンエクシードで有名なジョイジャパンが輸入代理店になっていたり、サムシフターで採用しているところもある。今回のKHSの折りたたみ自転車の中では、Microshiftの後変速機が採用されているのが多く見られ、Microshiftの中では比較的高価格帯の変速機を採用していたものあった。

・ソフトテール無しのモデルもあり

KHSの折りたたみ自転車に装着されている物として有名なのが、ソフトテールという一種のサスペンション機構。2015年モデルでは、一部のモデルでソフトテールが無いモデルも登場しているとのこと。ソフトテール無しのモデルのほうが安くなっている。因みに上記のサイトでは、ソフトテール無しモデルは、幅広い販売店で売るらしいとのことで、比較的身近にKHSの折りたたみ自転車が入手できるのかもしれない。

スポンサーリンク