2015年度版、4万円台で購入できるクロスバイク一覧表

2015年モデルが少しづつ登場しているので、価格帯ごとに自転車一覧表を作ってみることにした。かつては有名ブランドの自転車でも4万円台で購入できるものが存在したが、今では4万円台で購入できるスポーツ自転車は、メーカー品では少なくなり、プライベートブランドの物が多くなってきた。今回紹介するのは、実店舗で購入可能な4万円台のクロスバイクの一覧表だ。全車、車輪は簡単に外れるクイック式ハブなどを採用していて、ある程度はCycloRider流、価格別でスポーツ自転車に求める要件(2015年度版)にマッチしている。

4万円台のクロスバイクは物によっては5万円台のクロスバイクと変わらない物が存在するかのように見えるが、よく見ると高価なクロスバイクは違う部分は存在する。例えばフレームサイズ。高価なモデルになるとフレームサイズを6種類ぐらい用意して、多くの人の身長に対応しているのがある一方、今回の4万円台のクロスバイクでは、コスト削減のためかフレームサイズは最低限の3種類しかないものが殆どだ。体に触れるハンドルグリップやサドルも、安価なモデルにはそれなりの物しかつかない。高価なモデルに装着されているグリップは滑らか柔らかくなってて、手から離れにくくなるグリップしているが、安い自転車のグリップは手が離れにくくなるだけで、長時間握る快適さは消えている物が殆どだ。安い自転車と高い自転車の大きな差はベアリング部分(ハブ、ボトムブラケット)と車輪の強度で、非常に重要な部分ながらわかりにくいので、多くの安い自転車ではコスト削減されているところだ。この部分の耐久性は未知数で、有名ブランドの5万円以上のものよりは耐久性は劣ると思われるが、どのくらい劣るのかはわからない。この価格帯のスポーツ自転車は、ある程度部品交換は前提とするベース車扱いとして自分は考えている。

特に注釈が無いものは税抜き価格で表示。また、税込み価格の自転車もあるが、計算が面倒なので4万円台の自転車に入れることにした。ギア比に関しては全車、前輪はクロスバイクの3枚ギアで、後輪はMTB用の大型ギアを装着しているため、キツイ上りものんびり走ればある程度は行けると思う。

サイクルベースあさひ プレシジョンスポーツ 税込み価格 42,800円

・アルミフレーム/スチールリジッドフォーク
・Vブレーキ
・前 48/38/28T 後ろSHIMANO CS-HG31 8速 11-32T
・メーカー不明(ハブ) メーカー不明(リム) 700×32C(タイヤ)
・標準装備品:サイドスタンド

3万円台で購入できた貴重なクロスバイク、サイクルベースあさひのプレシジョンスポーツも、価格があがり、ついに4万円を超えた。36,800円から39,800円、そして42,800円と値上がった。4万円台のクロスバイクとしてみると、車体設計がわかるジオメトリ表が無い。ジオメトリ表とは自転車のフレームの数値を書いた物。スペック表とジオメトリ表は自動車の諸元表みたいなもので、多くの有名スポーツ自転車ブランドにはかならずカタログに書いてある。4万円を超えているのならジオメトリ表ぐらいはついていないといけない。タイヤ幅は28ミリ相当と、ややスピード志向のタイヤ幅となっている。値上がりに加え、MomentumからI Need Z-3Airという軽量なクロスバイクが登場した今、あまり旨みはないクロスバイクになりつつある。

サイクルベースあさひ ヴァンドーム 税込み価格 49,800円

・アルミフレーム/アルミリジッドフォーク
・シマノ BR-M375機械式ディスクブレーキ
・前 48/38/28T 後ろSHIMANO CS-HG31 8速 11-30T
・メーカー不明(ハブ) メーカー不明(リム) 700×32C(タイヤ)
・標準装備品:サイドスタンド

跨ぎやすいフレーム形状を採用したクロスバイク。ブレーキは4万円台のクロスバイクでは珍しくシマノの機械式ディスクブレーキを採用している。デザインも良くスペックを見ると5万円台のクロスバイクにも見えるが、フレームサイズは1種類しかなく、ジオメトリ表も無い問題がある。タイヤ幅は32ミリ相当で、スピードと安定性を両立しているといったところ。フレームサイズを1つだけにする大きなコストダウンで49,800円なのは、別にお買い得でも何でもない。購入するときは実車確認が必要だ。

Momentum i Need Z-3 税込み価格 40,937円

・アルミフレーム/スチールリジッドフォーク
・Vブレーキ
・前 48/38/28T 後ろSHIMANO CS-HG31 8速 11-30T
・メーカー不明(ハブ) メーカー不明(リム) KENDA K193 700×32Cリフレクター付(タイヤ)
・標準装備品:LEDライト、リフレクト付タイヤ、バーエンドバー、サイドスタンド

AEONBIKEのプライベートブランド「Momentum」のプレシジョンスポーツ対抗モデルが恐らく、I Need Z-3。プレシジョンスポーツには標準装備されていない、LEDライト、リフレクト付タイヤ、バーエンドバーを装着している。スペック表もジオメトリ表もあるが、実車確認したとき、ボトムブラケット(ベアリング部分)が旧来式で耐久性があまりよくない物を採用していた。ボトムブラケット部分の異常は漕いでいるときに漕ぐのが重くなるなどの違和感が発生するが、I Need Z-3に採用されている物は、ボトムブラケットの異常が早く発生する可能性が高い。このような場合、異常を発見したらできるだけ早く自転車屋で相談したほうがいい。タイヤ幅は32ミリ相当で比較的スピードと安定性を両立している。ボトムブラケットに注意すれば、それなりにお買い得。

Momentum i Need Z-3 Air 税込み価格 45,800円

・アルミフレーム/アルミリジッドフォーク
・Vブレーキ
・前 48/38/28T 後ろSHIMANO CS-HG31 8速 11-32T
・メーカー不明(ハブ) メーカー不明(リム) KENDA K1053 700×28C(タイヤ)
・標準装備品:サイドスタンド

Momentumでは軽量系クロスバイク扱いになっているのがI Need Z-3 Air。車体重量は11.3キロと、有名ブランドのエントリーモデルと変わらない重量を達成している。タイヤ幅は28ミリ相当でややスピード寄りとなっている。多くの4万円台のクロスバイクは、コスト削減か有名ブランドのエントリーモデルと比べたら少し重い自転車が多いのを見ると、けっこう優秀だと思う。この中4万円台のクロスバイクの中ではKhodaa-Bloomを除いたら、一番有名ブランドのスポーツ自転車に近いかもしれない。個人的にはI Need Z-3を買うのなら、こちらを買う。

Miyata Alfrex Cross 税込み価格 45,524円

・アルミフレーム/スチールリジッドフォーク
・Vブレーキ
・前48/38/28T 後ろ7速 12-32T
・メーカー不明(ハブ) メーカー不明(リム)700×32C(タイヤ)
・付属品:LEDライト、スタンド

Miyataのアーバンスポーツモデルの1台となっているALFREX CROSS。この4万円台のクロスバイクの中では、リア7速となっている。リア7速だとギア比の選択肢が少ない欠点がある。また、スペック表もジオメトリ表も無い問題もある。重量も公称重量13キロとあまり軽くない。実際に触ってみたところ、13キロは本当かもしれないと思うくらい軽くなかった。多くの取り扱い店があるのが利点で、お買い得では無いと思う。

Khodaa-Bloom Rail 700A 税抜き価格 48,000円

・AL6011 EAST-Lアルミフレーム/アルミリジッドフォーク
・TEKTRO 924AL Vブレーキ
・前WHEEL TOP TCXE-FX4 48/38/28T 後ろSHIMANO CS-HG31 8S 11-32T
・メーカー不明(ハブ) メーカー不明(リム) KENDA K1029 700×28C(タイヤ)
・付属品:サイドスタンド バッテリーライト

有名スポーツ自転車ブランド「Khodaa-Bloom」の超軽量クロスバイクで一番安価なモデルがRail700A。この中では、自転車専門店のナショナルブランドモデルで唯一ロードバイク用の車輪を装着できるスピードクロスとなっている。また、車体に荷台取り付け用のダボ穴はない。税抜き価格4万円台で購入できる貴重な有名ブランドのクロスバイクだ。

ますます超軽量化クロスバイクになった2015年モデルのKhodaa-Bloom Railシリーズ

すぐわかるスポーツ自転車 khodaa-bloom Rail700シリーズ編

Khodaa-Bloom Canaff 700 ¥44,000

・AL 6061 EASTフレーム/アルミフォーク 1-1/8 クロモリコラム
・SHIMANO BR-M422Vブレーキ
・前44/32/22T-後ろSHIMANO CS-HG31 8S 11-32T
・135mm(リアハブ)CST C-1446 700×40C(タイヤ)

独特なフレーム形状を採用しているKhodaa-Bloomで一番安いクロスバイク。タイヤ幅は40cと太く、スピードよりも安定性重視で比較的オールマイティに使えるようになっている。安価ながらブレーキはシマノ製を採用。詳しくは独特なフレームデザインはホダカの意地か Khodaa-Bloom Canaff 700で。

アンタレス・クロスバイク 税込み価格 40,114円

・アルミフレーム/アルミフォーク
・Vブレーキ
・前48/38/28T-後ろ7S
・700×28C(タイヤ)

スポーツ自転車専門店「ワイズロード」のプライベートブランド「アンタレス」のクロスバイク。フレーム形状から見るに、かつてのKhodaa-Bloom Railを採用しているようだ。詳しくはプレシジョンスポーツより安かったクロスバイク「アンタレス・クロスバイク」で。店舗が少ないワイズロード限定のため入手するのが難しい。

ライトウェイ シェファードシティ 49,800円

・6061アルミフレーム/軽量スチール, エアロブレードフロントフォーク
・Shimano BR-T4000 Vブレーキ
・前Shimano FC-M131, 170mm, 42×34×24T-後ろShimano CS-HG200, 12-32T 8速
・700×32C(タイヤ)

ライトウェイの安価に買えるクロスバイク。税抜き価格49,800円と、4万円台のクロスバイクの中では高めの価格のため、回転部分やブレーキにシマノ製を採用したり、サドルも比較的柔らかいのを装着するなどして、細かい部分も気にしている。カラーも豊富で10色もある。リアエンド幅は135ミリのためロードバイク用ホイールの装着はできない。

スポンサーリンク