TREKの自転車に採用している部品システム一覧

プライベートブランドなどで、安価なスポーツ自転車が登場している現在、それなりに高価なスポーツ自転車は他のスポーツ自転車にはない付加価値をつけないといけない場合になっていると思う。

費用対効果よりもブランド重視で買うスポーツ自転車ブランドのTREKは、2015年モデルから、比較的安価なモデルにTREK独自の部品システムを装備したモデルが登場している。今回はTREKの装着されている独自の部品について調べてみた。

・IsoZoneハンドル

衝撃吸収パッドが入ったハンドルのこと。通常のハンドルとの違いは、パッドが入っても厚くならないように、ハンドルのパッドが入る部分をへこませていて、厚くならないようにしているようだ。そのためバーエンドバーなどはIsozoneハンドル対応でないと使えないものがあるらしい。

ボントレガー サテライトプラスIsoZoneバーエンドアダプター|FXシリーズをさらに乗りやすく!

・Blendr ステム

ライトなどを取り付けることができるステム。余分な部品を装着しなくてもライトなどを装着できる利点があるらしい。Blendrステム対応のものでないといけないようだ。

・DuoTrap S

スピード&ケイデンスセンサーのこと。Duo Trap S対応モデルはフレームに埋め込むことが可能となっている。

一条アルチメイトファクトリー箕面 ~ 大阪・箕面市 ~ トレックコンセプトストア & バイクステーション(BlendrステムとDuo Trap Sの紹介)

・チューブレスレディ リム

津城の自転車のようにチューブが必要な車輪から、最近流行のチューブがないチューブレスホイールに可能にできる車輪らしい。2015年モデルからはFXシリーズ(一部)にも採用されている。

Madone2.3(マドン2.3)&TLR(チューブレスレディ)ロードシステム

・トレイル レディ

安価なモデルでもオフロード走行ができる意味。実は日本未発売モデルの820にはこの表記が無いので、オフロード走行はできないという意味になるかもしれない。

スポンサーリンク