2015年モデルのGIANTは女性用のほうが安く購入することができる

今日(2014年9月13日)に、GIANTのWebサイトが更新され、2015年モデルが正式に公開された。

GIANT 2015 WEBに更新いたしました – INFORMATION

売れ筋に絞り、スポーツ自転車の百貨店から、スポーツ志向の自転車が中心となった2015年モデルのGIANTで注目するところは、女性用モデルに力を入れたことだと思う。多くの有名スポーツ自転車ブランドは、ラインナップに女性用モデルがある中、GIANTはGIANTから分離してLivブランドでスポーツ自転車を展開している。その為か、Livブランドの自転車にはどこにもGIANTの名前はない。自転車の名前も、通常モデルに女性用モデルの意味を示す名前(WやLadysなど)がついているのではなく、Liv専用の名前がほとんどのモデルについている。

ここで注目するところは、GIANTブランドの自転車よりも、Livブランドの自転車のほうが安価で購入できるモデルが多いということ。ロードバイクだと、ほぼ同じ部品構成の「DEFY 4」が税抜き価格80,000円であるのに対して、女性用モデルの「AVIAL 5」が税抜き価格73,000円と女性用モデルのほうが安い。普通なら、販売量が多いDEFY 4のほうが価格が高くなるのが普通だと思うけど、女性用モデルのほうが安いのは、女性ユーザーの参入を容易にし、Livブランドを普及させるのもあるのかもしれない。女性がGIANTブランドの自転車を購入する場合、Livブランドのほうが購入しやすいことを頭にいれておたほうがいいだろう。

スポンサーリンク