売れ筋に絞りスポーツ性を重視してきたか 2015年GIANTエントリーモデル

一部サイトでは2015年モデルのGIANTの自転車を紹介しているが、全モデルを紹介しているサイトはまだ見ない。そんな中、とあるサイトで、2015年モデルのGIANTのエントリーモデルを網羅しているのを発見した。

GIANT(ジャイアント) 2015年モデルの在庫表   TCR SL DEFY ESCAPE R3 ESCAPE RX Idiom FCR TCX ANYROAD TRADIST ATX

まだ、2015年モデルが正式に公開されていないので、これでGIANTのエントリーモデルが全部なのかはわからないが、見てみると一部モデルが消滅している。トレッキングタイプのCROSSや、ストリート仕様のSEEK、デュアルスポーツタイプのRoamシリーズは消滅している。

エントリーモデルに関しては、実験的なモデルはほとんどなく、完全に売れ線に絞っている状況になっている。一番わかり易いのがEscape R3で、2015年モデルのEscape Rシリーズは既にR3しか無い状況でも、R3のグレード名が定番となっているので、今でも名前をつけているのだと思う。

また、かつてのエントリーモデルには、あえてGIANTのロゴを出さず、カラーリングもスポーツ感を抑えたモデルが存在したが、2015年モデルでは、そのようなモデルは数えるほどにしか無い状況になり、GIANTのロゴを強調させて、よくも悪くも従来のスポーツ自転車のイメージを打ち出しているのが多い。

売れ線のラインナップ、スポーツイメージのカラーリングやロゴを見ると、アジア圏限定GIANTの低価格帯街乗り系自転車ブランドのMomentumにまかせているように見えるが実際はわからない。さらにエントリーモデルは、GIANTグループのホダカの自転車専門店向けスポーツ自転車ブランドのKhodaa-Bloomの影響で、GIANTの街乗り系スポーツ自転車が消えたのでは?と思うが、これに関しても実際はわからない。

スポンサーリンク