2015年モデルから消えていってる26インチMTB

最近のブームの1つに27.5インチMTBがある。通常の26インチ(MTB規格)よりも車輪の直径が大きい27.5インチ(650B)規格を採用していて、競技面では有利だとのこと。競技系の多くのサイトでは27.5インチ(650B)MTBは好意的に捉えられている一方、公道系のこのサイトでは、補修部品等が高い問題を取り上げていて、公道を走るのなら27.5インチは「待ち」の意見だった。

2014年モデルでは、安価なモデルは26インチMTBが多かったが、調べてみると2015年モデルからは多くのスポーツ自転車ブランドが、安価なモデルも26インチを廃止して、27.5インチを採用している。例えばGTのアルミフレームで一番安いMTBのAGGRESSORは、殆どが27.5インチを採用している。一応Agressorというモデルは26インチだが、このモデルはフレームサイズが一番小さいXSサイズしかなく、身長が低い人用に近い。Agressorより更に安いモデルとしてPalomarがあるが、これはグレードが1つしかなく、対量販店MTBに近い位置づけだろう。

27.5インチMTBが流行だが、公道仕様を考える場合。店舗でのタイヤの入手が難しかったり、スリックタイヤ等タイヤの選択が少なく、タイヤの価格が高く、街乗りで使う場合コストが26インチMTBよりも高く付く問題がある。公道仕様に関しては、オフロード性能だけでなく、コスト面やタイヤ・チューブが容易に入手できるのを考えると26インチMTBの存在価値はあると思うが、オフロードが非常に少ない日本の公道でMTBに乗る人は絶対に少ないため、26インチMTBはわずかな需要を残して衰退するのかもしれない。

スポンサーリンク