CycloRider流、価格別でスポーツ自転車に求める要件(2015年度版)

高価な物から安価な物まであるスポーツ自転車。自分はスポーツ自転車を選ぶとき、価格帯によって条件や使用用途を分けている。今回は、自分が価格別にどんな風に条件や使用用途を分けているのか公開します。因みに自転車解説シリーズやすぐわかるスポーツ自転車も、大体この条件で設定されています。

~20,000円まで

物価高でベース車は殆ど消えていっている状況の2万円以下のスポーツ自転車。この価格帯では

フレームがそこそこで、部品規格がスポーツ自転車用であればOK

という考えで、部品は殆ど期待していないし、サイズが複数あり長距離走行可能なぐらいサイズ調整ができるのも期待していない。もっとも、唯一の条件を満たしているスポーツ自転車を探すのは非常に難しく、この価格帯の殆どの自転車は出来の悪い自転車しかない。

20,000円~30,000円まで

20,000円~30,000円までだと、

・フレームがそこそこで、部品規格がスポーツ自転車用が使える。

・街乗り、ポタリングレベルで楽しむことができるレベルの性能がある。

であればOKというレベル。この価格帯だと、有名ブランドのエントリー用スポーツ自転車に似たデザインの自転車もあるが、結構違っていて、車輪はナット式で車輪を外すのに工具が必要だったり、名前は同じアルミ製フレームでも重い等、有名ブランドのエントリーブランドの自転車と比べると落ちる。走りは安物のママチャリよりは良いが、本格的スポーツ自転車よりこの価格帯の自転車を買う時は、ある程度の割り切りが必要で、取り敢えず買って、自転車に興味を持ったら高いのを購入し、街乗り用に格下げする等、本気でやるのなら複数台所有を前提として考えた方がいい。

30,000円~40,000円まで

・フレームが有名ブランドのエントリースポーツ自転車とやや同じくらいのレベルである

・サイズの選択が可能である

・部品交換無しで半日レベルのサイクリングが可能

3~4万円台になると、物によってはそこそこ良いスポーツ自転車が購入できるが、この価格帯だと2~3万円レベルの高級版と4~5万円レベルの廉価版の2種類があるので注意が必要。

40,000円~50,000円まで

・フレームは有名ブランドのエントリースポーツ自転車と同等。

・サイズ選択が可能で最低でも3種類

・スペック表がついていてその自転車について詳しい情報を知ることができる。

・車輪は簡単に外れるクイック式を採用していて、簡単に輪行が可能。

・部品交換無しで半日レベルのサイクリングが可能、簡単な部品交換で1日レベルのサイクリングが可能なこと

40,000円~50,000円になると、有名ブランドのエントリーモデルとあまり変わらないプライベートブランドのスポーツ自転車や、安価な有名ブランドのスポーツ自転車もある。但し身長が違うと股下が違うのに、漕ぎにくいのを承知かクランク等の長さを1種類だけにして、細かい所の手を抜いているモデルもある。

50,000円~70,000円まで

・フレームは有名ブランドのエントリースポーツ自転車と同等。

・サイズ選択が可能で最低でも4種類。身長が低い人や高い人に対応している

・細かい部品も慎重ごとにサイズ変更されていること。

・スペック表がついていてその自転車について詳しい情報を知ることができる。

・スプロケット(後輪側のギア)交換だけで自由にギアを選択できる。(つまりリア8速以上)

・部品にブランド品が使われていること。

・車輪は簡単に外れるクイック式を採用していて、簡単に輪行が可能。

・部品交換無しで半日以上レベルのサイクリングが可能、簡単な部品交換で1日300キロレベルのサイクリングが可能なこと

4~5万円クラスのスポーツ自転車とフレームや部品が同じ場合が多いが、クランク長さ等、細かいサイズを設定してあるのが殆どだったりする。

スポンサーリンク