ますます超軽量化クロスバイクになった2015年モデルのKhodaa-Bloom Railシリーズ

GIANTグループのホダカが展開している自転車専門的向けスポーツ自転車ブランド「Khodaa-Bloom」の軽量系RクロスバイクRailシリーズが、2015年モデルでさらに軽量になったらしい。

フレーム軽量化で機動性を高めた コーダーブルーム クロスバイク2015モデル | cyclowired

最上級モデルのRail 700SL-LTDでは完成車重量が8.1kg。普及モデルのRail700は9.4キロと10キロを切っている。因みに2014年モデルのRailに乗った時Escape Airみたいに、走りは軽いがロードバイクと比べたら加速のダイレクト感が落ちると感じ、Escape RX4を購入した。2015年モデルでは、さらなる軽量化のため6011アルミという素材に変わった(GIANTで使用される6011アルミはALUXX-SLだが、Khodaa-Bloomのアルミが同レベルのアルミかは不明)ため、2014年モデルとは走りがどのように変わったのかが興味が有るところだ。

軽量化以外も注目すべき所があり、Railシリーズにはフレームにセンタースタンド取り付け台座がつくようになった。この手のスピードクロスで、センタースタンド取り付け用台座が装着されているのは殆ど無い。通常のサイドスタンドだと輪行時に出っ張ってしまい邪魔になるが、センタースタンドだと輪行時でもスタンドが邪魔にならない利点がある。

価格も上がったが値上げ幅は少しで、Khodaa-Bloomの自転車自体が他のスポーツ自転車よりも安価なため費用対効果のアドバンテージは今でもある。場合によっては本家GIANTよりもお買い得な場合もあり、ホダカが担当しているAEONBIKEのプライベートブランド「Momentum」の一部のモデルと価格があまり変わらないモデルも依然としてあるため、完全に身内同士で自転車市場を争っている状況になっている。

スポンサーリンク