2015年のSpecialized Sirrusに安価なモデルが登場した

かつてのスペシャライズドはGlobeシリーズやCrossrider等、安価なモデルを多く取り扱っていたが、現在のスペシャライズドの10万円以下のモデルは非常に少なく実質的に650BMTBのPITCHクロスバイクのSIRRUSしかない状況になっている。

その中でSirrusと言えば、ブランド戦略のためかTREKのFXシリーズみたいに少し高めの価格帯で販売していたが、2015年モデルでは廉価版としてSirrusが登場した。価格は59,000円となっていて、2014年モデルで一番安かったSirrus Sport(69,000円)よりも1万円安くなっている。

6万円を切るモデルが登場し、他ブランドのエントリーモデルと真っ向から対決するようになっているが、安価なモデルはサイクルベースあさひやAEONBIKE等で沢山あり、有名ブランドでも似たようなモデルが多く存在する。また、スペシャライズドは、ダイワ精工が代理店だった時代から販売店を絞ったという噂があり、実際に取扱店舗が少ないように感じる。かつては、SpecializedのSirrusといえば、定番のクロスバイクと言われていたらしいが、定番クロスバイクに復活する可能性は未知数だろう。

スポンサーリンク