すぐわかるスポーツ自転車 RITEWAY 2015モデル速報

いち早く2015年モデルを公開したRITEWAY。RITEWAYブランドを持っているライトウェイプロダクツジャパンは自社ブランドのRITEWAY以外に、GT、FELT、Cheageブランドの自転車を輸入、販売している。GTはMTB、FELTはロードバイク、Chargeはストリート系を中心のラインナップで、自社ブランドのRitewayは街乗り系スポーツ自転車を中心にラインナップしている。今回は速報としてRITEWAYのスポーツ自転車の簡単な解説をしてみる。

因みに、注意点を書かない限り、タイヤ幅は舗装路重視の公道で段差対策と走り対策を考えたほどほどのタイヤ幅。ギア比は遠乗りもでき普通の人にも扱える低めのギア比。推定させる乗車姿勢はやや緩い前傾姿勢を意味している。

Shepherd City

比較的細めのタイヤ(700×32c)を履いたクロスバイク。街乗りから遠乗りまでできるようになっている。旧モデルは後輪を装着するためのリアエンド幅が130ミリと、ロードバイクの車輪を装着できたが、2015年モデルはシマノ・Tourney TXを採用しているためか、リアエンドが135ミリとなっている。価格は49,800円(税抜)

Shepherd Sport

700×23cとロードバイク用の細いタイヤを装着しているスポーツ自転車。フレームやブレーキ形状から見るに、ロードバイク用のフレームを使ったスポーツ自転車なので、フラットバーロードバイクと言っていいと思う。ギア比も前のギアが大きい、フロントダブルのロードバイク用コンパクトクランクを採用しているため、シェファードシティより重いギアを採用している。2014年モデルの続投モデルなので、すぐにわかるスポーツ自転車 Riteway ロードバイク編のシェファードスポーツの内容も参考になると思います。価格は99,800円(税抜)

Shepherd Iron

スチールフレームを採用したロードバイクタイプのフレームを採用したスポーツ自転車。フレームやブレーキ形状から見るに、ロードバイク用のフレームを使ったスポーツ自転車なので、スチールフレームのロードバイクと言っていいと思う。ギア比も前のギアが大きい、フロントダブルのロードバイク用コンパクトクランクを採用しているため、シェファードシティより重いギアを採用している。シェファードアイアンDはドロップハンドルのロードバイク。シェファードアイアンFはDのハンドルをフラットバーにしたフラットバーロード。シェファードアイアンSF5はFの内装変速機版で、街乗り用内装変速機Shimano NEXUS インター5を装着している街乗り仕様スポーツ自転車だと思っていい。

Sonoma

シェファードシティよりもタイヤが太く(700cモデルだと38ミリ)、スピードよりも比較的実用性とツーリング性能を重視している。ギア比は前のギアが大きいフロントダブルのロードバイク用コンパクトクランクを採用しているため、シェファードシティより重いギアを採用している。ソノマシリーズの特徴として、 AS-OM5Sという品番のステムが採用されていて、これは確かNVO・ATSシステムという上下調整可能なアジャスタブルステムだったはずだが、Riteway側が書いていないので不明。ソノマDはドロップハンドルのツーリング自転車仕様。ソノマFはソノマDのハンドルをフラットバーにしたモデル、ソノマF26は700cの車輪を装着しているソノマFの26インチ版で、MTB規格の26インチHEサイズのタイヤを装着している。

Pasture

26インチMTB規格の車輪を装着したクロスバイク。タイヤ幅はシティサイクル・ファミリーサイクル等のママチャリよりも太いが、車体重量等が軽いため走りは軽いだろう。ただ、タイヤ幅が太いため、細いタイヤのスポーツ自転車みたいにスピードが乗るような走りは難しいと思う。タイヤ幅から見てスピードよりも舗装路での安定性を重視した自転車に近い。一番小さいサイズは、シティサイクルみたいなスタッカートタイプのフレームを採用していてまたぎやすいようになっている。

Fertile

700×38cとやや太めのタイヤを装着したクロスバイク。スピードよりも舗装路での安定性を重視している。特徴的なのは稼働量が少ない舗装路用サスペンション。SR SUNTOURスイングショックを採用していること。通常のサスペンション付きクロスバイクはサスペンションのお陰で重量が重いのが多いが、ファータイルはスイングショックを採用しているため、公称重量12.6キロと比較的軽量になっている。

Glaciea

Ritewayブランド唯一の小径車モデルがグレイシア。グレイシアシリーズはグレイシアグレイシアSWに分かれているがキャラクター性が大きく違うので注意が必要。グレイシアは20×1の細めのタイヤを装着した、スチールフレームのスピード重視の小径車で、グレイシアSWは20×1.95と太いタイヤを履いた、アルミフレームの安定性重視の小径車になっている。ギアもグレイシアは前2枚ある一方、グレイシアSWの前ギアは1枚しか無い。またSWはSR SUNTOURスイングショックを採用していて段差に強く街乗り向けの印象が強い。グレイシアを購入するときは、グレイシアとグレイシアSWのキャラクター性を慎重に考えて購入するべきだろう。

スポンサーリンク