TNIのロードフレームのライバルMUURZERO ST-2が登場した

サイクルベースあさひから、10万円以内で購入できるロードバイク「MUURZERO ST-2」が登場した。現在、2015年モデルが登場していないため、他社ブランドのロードバイクと比較できないので、一概にお買い得かはわからない。

面白いことに、MUURZERO ST-2のページを見ると、フレームセットでの販売価格が表示してあることだ。WEBショップ限定で価格は税込みで39800円。4万円以下で購入できるロードバイク用フレームで有名なのは、TNIの7005 mk2で、現在の価格は税別で38,000円。MUUR ZERO ST-2はTNIには無い特徴として、フレームの溶接を綺麗にしたり、流行の大口径ヘッド規格を採用して、TNIよりも商品力があるのを売りにしているように感じる。但し、サイズ種類に関してはMUUR ZERO ST-2は3種類の一方、TNI 7005 mk2は7種類と多い。

形を見る限りだと旧式になっているTNI 7005 mk2。MUUR ZERO ST-2のフレームセットの登場で、どのくらい影響があるのだろうか。

スポンサーリンク