外面だけのプレミアム自転車 PREMIUM MIYATA – 125 ANNIVERSARY MODEL

ミヤタから、PREMIUM MIYATA – 125 ANNIVERSARY MODELというママチャリが登場した。価格は通常モデルが158,000円(税込)で、一澤信三郎帆布バッグ付きモデルが180,000円(税込み)となる。

高価なママチャリということで注目度は高いが、素人から見てもつっこみどころは多い。つっこむところは主に3つある。

1.ミヤタのステンレスフレームのシティサイクルは欠陥車扱い

ミヤタのステンレスフレームは溶接ではなく、特殊な接着剤を使用してパイプをつなげて作られていることで有名だが、ミヤタのステンレスフレームのママチャリは使用していく内にパイプが抜ける問題が出ている。現行モデルのステンマックスはパイプ抜け対策課かステンレスとアルミのハイブリッドとなっている。

テーマ「ステンマックス」のブログ記事一覧 自転車のシカショ /ウェブリブログ

ステンマックス報告書

中年サラリーマンの徒然日記:ミヤタの自転車に乗っている方へ、 – livedoor Blog(ブログ)

自分も実際にミヤタのステンレスフレームのシティサイクルで、抜けている症状がある自転車を見たことがある。


2013-12-22 10.41.56-2

さらに、このステンマックス問題はメーカーがリコールをしていなく実質的にリコール隠しをしている状況になっている。このまま行くと、自転車版フォード・ピント事件になりそうだが、今のところ大事故が発生していないため、あまり注目されていない。PREMIUM MIYATA – 125 ANNIVERSARY MODELは現行モデルのステンマックスみたいに、アルミとステンレスのハイブリッドではなく、ステンレスのみのフレームとなっている。

2.価格から考えればボッタクリに近い部品設定

ユーザーの気持ちを使い捨てているミヤタの状況を見ると、ステンレスフレームだけで、買う気は一気にしなくなるが、ステンレスフレーム以外でもつっこむ所はある。部品はハンドルは日東、リムはアラヤ、タイヤはPanasonic、ペダルは三ヶ島、グリップはOGK等の有名ブランドの物を採用している。しかし内装変速はシマノ・インター5とインター3と同じくらいしかギアは軽くない。リアブレーキも高性能を謳っているフィン付きのローラーブレーキでもなく、安価なモデルにも採用されている通常タイプのローラーブレーキだ。日本のママチャリでは通例となっている車輪サイズによるサイズ分けも無い。最低なのは、革サドルで幅が狭いスポーツ自転車用のサドルを採用されていることだ。幅が狭いスポーツ自転車用サドルは、スポーツ自転車みたいに前傾姿勢で使うもので、アップライトな姿勢でスポーツ自転車用サドルを使うと、臀部に圧力が分散せず一気にかかるのですぐにお尻が痛くなる。一応ママチャリ用の幅が広いサドルも選択できるが、このサドルをメーカーがママチャリに選択できるようにするというのは、私は自転車を知らないと言っているのと同じだ。

3.あらゆる面でのプレミアム性が低い

自転車を移動の道具として見た場合、自転車のプレミアム性は快適に移動できることが一番だろう。PREMIUM MIYATA – 125 ANNIVERSARY MODELは、部品の名前は有名なのが多いが、変速機、リアブレーキ、車体サイズ、サドルを見ると肝心の移動のプレミアム性は他の有名ブランドのママチャリと変わらないか、サドルによっては、下手なママチャリよりも悪い場合がある。費用対効果と移動のプレミアム性を考えるのなら、内装8段変速のブリヂストンのアルベルトロイヤル8のほうがまだいいと思う。

仮にブランド的な意味でも、PREMIUM MIYATA – 125 ANNIVERSARY MODELはプレミアム性が足りない。競技用自転車のオーダーフレームで有名なLEVELでは、税抜き12万円でCITY LINER(C-1)というシティサイクルを売っている。自分みたいな素人なら、最近はかつての伝説を売りに出していても途中が抜けているMiyataと、ずっと競技用自転車のオーダーフレームをしているLEVELなら、ブランド的な意味でのプレミアム性はLEVELのほうが高い。性能面でもCITY LINERはフレームサイズが3種類で色は4色選べる。変速機は内装3段らしいが、内装8段変速( シマノインター8 )がプラス30,000円で装着可能と、選択の豊富さと移動のプレミアム性で見ても、LEVELのC-1が有利だろう。

PREMIUM MIYATA – 125 ANNIVERSARY MODELは125台限定で販売するらしい。取り敢えず話題性はバッチリだけど、冷静になるとアラが目立ち高価なママチャリだ。実際にどのくらい売れるのかが興味がある。

スポンサーリンク