Cycloriderが月間20万ページビューを達成と今後の予定

東京→新潟を1日で走るための最終確認するために時間があまりないため、今回は自分が運営しているブログについて。

・このブログの月間ページビューが20万ページビューを達成

Google Analytics

ドメインをcyclorider.comにしてから、一気にページビューが上昇して、ついに20万ページビューになりました。

ページビューとは -インターネット広告用語辞典-

書きたい内容は膨大にあり、1日1つのエントリーだけでは1年で自分が書きたいことを書くのは不可能になっています。書く内容も、現在のネット界である「まとめサイト」みたいに適当にまとめることで書くものではなく、時間がかかるため、いかに時間をかけずに良質なエントリーを作るのかが課題になっています。例えば、第2次バイクブームが霞むほどの凄かった1970年代の第1次バイクブームの内容を見るでは、聞いた内容の精査し、オートバイの種類を探し、70年代当時の免許事情、暴走族の実態、大卒初任給、70年代中盤あたりのナナハン世代のオートバイ事情(Kawasaki・W1スペシャルの世代ではなく、Kawasaki 650RS、所謂W3の世代)のサイト情報を収集し、さらにそこから70年代前半バイクブームで、高校生の時にヤマハ・RX350、カワサキ・W1スペシャル、ホンダ・ドリームCB500Fourを高校生で所有した某氏からさらに話を聞き出していて、その辺のまとめサイトみたいに適当にネット上の情報をまとめるのではなく、沢山の時間とネット上では有名ではない第1次バイクブーム貴重な情報を調べているため、非常に時間がかかりました。

・今後の予定

公道仕様ロードバイクとクロスバイクの紹介

2014-07-12 07.51.52

これは東京→新潟を走行してから紹介する予定。ロードバイクは杉村商店 Progressive RRX-110。これは自分の自転車ではなく特別協力者の自転車で掲載許可を得たため掲載する予定です。クロスバイクはGIANT Escape RX4。これは自分の自転車です。

クロスバイクとロードバイクの違いを考える(完結編)と1日300キロ走れるクロスバイクを作る

実際に東京→新潟を走らないと、クロスバイクとロードバイクの違いを考えたり、1日300キロ走れるクロスバイクを作るにはどうすればいいか考えないといけないため、これらのエントリーも東京→新潟を走行してから書く予定です。

すぐわかるスポーツ自転車シリーズ

エントリーモデルの自転車を中心に解説する、すぐわかるスポーツ自転車を出来るだけ早く書けるようにする予定です。

CycloTravelの充実化

機材(ハード)中心のCycloriderと、旅(ソフト)中心のCycloTravelに分けます。CycloriderとCyclotravelをバランス良く発展させるのが重要な課題なのは間違いないと思います。

スポンサーリンク