すぐわかる自転車の種類 MIYATA URVAN SPORTS編

現在、MIYATAのスポーツサイクルはMIYATA SPORTSを除き、エントリーモデルしかない。これは自転車専門的向けのスポーツサイクルは実質的にMERIDAが担当しているためだと思われる。現在、MIYATAのスポーツ自転車は、主に街の自転車量販店やホームセンターで売られているスポーツサイクルとなっている。これらのスポーツサイクルをミヤタはアーバンスポーツと呼んでいる。因みに全車、スタンドが標準装備されている。

ALFREXシリーズ

有名ブランドのエントリーモデルクラスのスペックのスポーツ自転車シリーズがALFREXシリーズ。ALFREX CROSSは、前3段・後ろ7段の一般的なクロスバイク。ALFREX ComfortはALFREX CROSSに泥除けに前キャリアを装着して、街乗りもできるようにしたクロスバイク。ALFREX MTBは他の有名ブランドのエントリーモデルと同クラスの性能のマウンテンバイクとなっている。かつては多くの街の自転車店でGIANT等の有名スポーツサイクルブランドの自転車が購入できたため、この手の国内ブランドのスポーツサイクルは、あまりお買い得感は無かったが、最近は街の自転車店でGIANT等の有名ブランドが買えなくなった所が出ているため、何処でも購入できるALFREXシリーズの存在価値はそれなりにあると思う。

FREEDOM

スチールフレームの街乗りスポーツ自転車。FREEDOMはシングルスピードで、FREEDOM 7Sは外装7段変速を装備した街乗り用スポーツサイクルとなっている。ライバルはサイクルベースあさひやイオンバイク等の自転車チェーン店のプライベートブランドのスポーツサイクルなのか、FREEDOMシリーズはこの手の国内ブランドのスポーツサイクルとしては比較的安価な価格で売り出している。

SJクロス

ミヤタの街乗り用クロスバイク。この手のかご付きクロスバイクは、基本的にパンク修理が簡単にできるママチャリだと思えばよく、スポーツサイクルとしての性能より、街乗り用の性能を求めるユーザーのための自転車と言っていいと思う。街乗り用のため、サークル錠や、部品単体だと5000円クラスのLEDオートライトのウルトラレーザービームに、3年間盗難補償が標準装備されているのがウリだろう。

帰ってきたミヤタの街乗り用クロスバイク 自転車解説 ミヤタ SJクロス

EXクロス

SJクロスみたいな街乗り用クロスバイクで、恐らくSJクロスよりも上級モデルとして考えられていると思う。全車に泥除け、3年間盗難補償、ウルトラレーザービームという高価なLEDオートライトが標準装備されている。フレームは全車ともアルミフレームを採用。

EXクロスはグレードによって車種の特徴が違う。チェーン駆動の外装変速機付きのかご付きモデルのEXクロス アーバン。ベルトドライブを採用した内装変速機モデルのEXクロス。EXクロスにサスペンションや冷却フィン付き前後ローラーブレーキを装着した上級モデルのEXクロス ストリートがある。因みに、ミヤタのアーバンスポーツシリーズで一番高いシリーズは実はEXクロスで、最低モデルのEXクロス アーバンで税抜51,667円。最高級グレードのEXクロス ストリートでは税抜72,037円と非常に高価なモデルとなっている。

スポンサーリンク