2015年、注目のクロスバイク(Bianchi編)

2015年モデルのBianchiのクロスバイクで、注目のモデルはディスクブレーキ仕様になったCIELOと、2014年モデルでは上位モデルのRoma1のみだった、立体的な形状をしたフレームが下位モデルにも採用されたRomaシリーズだと思う。

・CIELO

前にサスペンションフォークが装着された、デュアルスポーツタイプのクロスバイク。2015年モデルからは機械式ディスクブレーキが装着された。ブレーキはシマノのBR-M375。

・Roma

タイヤ幅が28ミリと細めのタイヤを装着したスピードクロス風クロスバイク。リアハブ規格は135ミリなので、ロードバイク用のホイールを装着するのは基本的には不可能。2014年モデルでは、Roma1のみ、立体的な形状をしたフレームだったが、2015年モデルからは下位モデルでも、上位モデルと同様のフレームを採用か。Roma4は、MTBに近いギア比を採用していて、Romaシリーズの中では一番軽いギア比を採用している。Roma1・2・3はロードバイク用ギアを採用していて、ディスクブレーキ仕様はRoma1のみとなっている。

スポンサーリンク