6輪生活 意外と安くない軽ボンネットバン(ダイハツ・ミラバン スズキ・アルトバン)

軽乗用車では一番安い自動車として有名なミライース。ただ自動車を知っている人にとっては、軽ボンネットバンのほうが安いと思う人もいるかもしれない。最初は自分もミライースよりも軽ボンネットバンのほうが安いと思っていた。

しかし、調べてみたらミライースのほうが、ダイハツ・ミラバンスズキ・アルトバンの軽ボンネットバンよりも安いという驚愕の事実を発見してしまった。

一番安いダイハツ・ミライースDの税抜き価格は709,524円。一方でミラバン2WDの税抜き価格はCVT車は747,619円(5MT車では685,714円)。アルトバン4AT車の税抜き価格は720,000円(5MT車では645,000円)する。ミライースの若干安くなっている。

また、1Lあたりのカタログ燃費(JC08モード)もミライースが軽ボンネットバンよりも遥かに良い。ミライースの燃費(2WD車)は33.4キロ。ミラバン2WD CVT車は22.4キロ、(5MT車は24.4キロ)。アルトバンだと2WD・4AT車では21.8キロ(2WD・5MT車では22.6キロ)とミライースのほうが10キロ以上も燃費が良い。

5ナンバーの乗用車扱いなので、後席の足元が広いミライースは軽ボンネットバンよりも安く乗用車に使うには最適な一方、セキュリティアラーム、キーレスエントリー、パワードアロックがついていない。もっともエアバッグ・ABS、エアコンと最低限の装備は付いている(アルトバンはABSが装備されているかわからない。ミラバンはパワーウインドゥ・フューエルリッドオープナー・助手席サンバイザーはオプションとなっている。)

ミライースでスポーツ自転車(ロードバイク)の積載ができるので、軽ボンネットバンでも自転車は積載できると思うけど、価格、燃費を見るとミライースのほうが有利なので、現時点での軽ボンネットバンは、税金は限界まで安いのがいい、マニュアル車が欲しい、格安の4輪駆動が欲しい等の一部されたユーザーしか満足しないと思う。

スポンサーリンク

コメント

  1. ひらさわかおる より:

    アンティークタイプのデザインの、ボンネットタイプの軽ばん、それも焦げ茶を見掛けました。車種も、四駆かも解りませんけど探してます。