6輪生活 日本で一番安い乗用車(ダイハツミライース・トヨタ ピクシスエポック)に自転車を積載する方法

世界で一番安い車といえば、インドのタタ・ナノが有名で、登場当時、一番安いグレードは約28万円と超低価格で発売された。もっとも世界で一番安いタタ・ナノは、インドの新中間層の平均年収と同程度と言われているので、日本で言えば300万円オーバーの自動車で、インドから見れば決して安い車とは言えない。

新興国が自動車や大排気量のオートバイを乗るようになったと言われているが、日本と比べたら遥かに低いレベルで、日本では暴走族が祭りで大暴れし暴動が起きて死亡事件が起こった(神戸まつり事件)70年代では、既に高校生が大型バイクを乗っていたようだ。70年代前半に高校生でバイクを乗っていた某氏は、ヤマハ・XS650RX350カワサキ・W1スペシャルホンダ・ドリームCB500Four等の車検付きオートバイを中古(個人売買)で買い、車検を乗り継がないで買い換えていたらしい。また、この時代の東京の某工業高校は1クラス10人が大型バイクに乗っていたとのことで、よく言われている80年代のバイクブームよりもとんでもない時代だったようだ。少なくとも今の新興国で、70年代の日本の高校生のように大型バイクを乗り回すのは非常に難しいのは間違いないと思う。

日本では自動車の価格は高いと言われているが、自動車の価格は他の国ではもっと高いのが多い。先進国の物価水準で車体価格100万円で必要十分の装備を持つ自動車は非常に少ない。オーストラリアでは、中国車が登場した時のアピールポイントが100万円ぐらいを売りにしていたらしい。日本では100万円の自動車は国内メーカーで存在するので、アピールポイントにならないが、どうやらオーストラリアではアピールポイントになるほど自動車は高いらしい。実際オーストラリアでは中国のGreatWallやChery、インドのマヒンドラ等の新興国車が割安な価格を売りにして上陸しているようだ。安価な新興国車はオーストラリア以外の先進国でも売られていて、アメリカではヒュンダイ等の韓国車は有名だが、ヨーロッパでは韓国車は勿論のこと、Dacia・Skoda等の東欧メーカー、プロトン等のマレーシア車、Geely等の中国車があり、多くの安価な自動車が売られている。(Euro Ncapでこれらの自動車の安全結果を見ることができます。)

安価な韓国車や中国車が参入する余地がないほど自動車が安い日本で、一番安い乗用車タイプの車といえば、三菱ミニカバン・3ドアがあった。一番安いグレードの新車価格は582,750円(5パーセント税込み)で、エアコンがついてこの価格は非常にお買い得だったが既に生産終了している。

三菱ミニカバン亡き現代の日本で今、一番安い乗用車はダイハツ・ミライース/トヨタ・ピクシスエポックのDが一番安い乗用車となっている。これは税抜き価格で71万円を切った価格で販売されている。因みに税込み価格でも80万円は切っている。因みに参考として、フランスにある日本の軽自動車よりも小さくて街乗り向けのマイクロカーの「リジェ JS 50 CLUB」の価格は11660ユーロ。2014年6月20日のレートで日本円にして約161万円する。高速道路が走れず安全性能が一般的な乗用車よりも遥かに低くて危険なフランスのマイクロカーの半値(80万円以下)の一番安いグレードのミライースは、衝突軽減システム(スマートアシスト)は装着できないが、エアコン、ABS、デュアルSRSエアバッグがついていて、現代の衝突安全性能を持っているので、少なくとも97~98年あたりのベンツCクラスBMW3シリーズシボレーアストロよりは安全だと思う。

背が低いミライースで自転車を積載するのはできるのか?と疑問に思って調べてみたら、どうやらできるようだ。

ブリヂストンアンカーのロードバイクの前輪を外して積載している。但し、車体は倒して積載していて前輪を外している。ロードバイクより大きい車体のMTBは前後輪は外したほうがいいかもしれない。室内高と室内長が足りないのか車体を倒して入れているのかもしれないけど、それがきになるのなら、ボックスタイプを買うかキャリアを装着して載せたほうがいいのは言うまでもない。写真を見る限りでは室内に2台載せは不可能のように見えると思ったら、こちらでは2台積みはできるかもしれないというオーナーの意見を見つけた。少なくとも6輪生活は、ミライース等の日本で一番安い軽乗用車でも行えるようだ。

世の中では、軽乗用車は高くなったという人がいるが、この手のことを言う人の殆どは、どうでもいい装備(メッキパーツ、アルミホイール、エアロ等の安全性能、走行性能に関係しない部品)を装着したグレードや、小型車を侵食している高額モデルを見て言っているのであって、今でも、100万円を切った軽乗用車は売られている。この手の格安の軽乗用車でも、下手な中古車よりは安全性はあるので、この手の車の存在を頭の中に入れておいたほうが良いと思う。

スポンサーリンク

コメント

  1. ぐずた より:

    軽商用バン、アルトバン、ミラバンじゃダメ?
    まぁ、ちょっと頑張ってエブリィバン買った方がはるかに幸せになれそう。
    込み込み35万の中古のウィングロードに自転車載せて遊んでます。

    • matuken より:

      後々でブログのネタにしますが、実はオートマ車の軽ボンネットバン(アルトバン・ミラバン)に関しては新車価格は、ミライースのDよりも高くなっているんですよ。

      エブリイバンに関しては、積載性重視なら絶対ワンボックスのほうが良いですが、走行性能や安全性能を重視する人はワンボックスでは不満が出るので、これは一長一短があると思います。