パナレーサーのタイヤサイド(オープンサイド・ブラック・アメクロ)の違いとは?

パナレーサーのタイヤは低価格のエントリーモデルでも多くのタイヤが存在する。パセラなど一部のタイヤにはタイヤサイズが同じでも、オープンサイド(LX)、ブラック、アメクロと種類が分かれている物がある。タイヤサイドが違うだけで、乗り心地や走りが違うようなので、タイヤサイドの一覧をまとめてみた。

オープンサイド

タイヤの側面のゴムの被覆層がほとんどないのがオープンサイドと呼ばれている。タイヤサイドが露出する状態になっていて軽量なため、走りの軽さとしなやかな乗り心地が期待できる。但し、サイド部分は耐久性が低く傷がつくと破れやすいため、荒れた道を走るのには使えない。実際に大名栗林道をスリックタイヤのMTBで走った時、タイヤサイド自分が使用したオープンサイドのタイヤはパセラLX。26×1.5のMTB用スリックタイヤで、タイヤのしなやかさと空気が多く入っているため舗装路のザラザラ感が非常に少なかった。今はパナレーサーのハイロードブラックを使用しているけど、パセラLXのような軽い走りとしなやかな乗り心地は無い。因みにPanaracerのサイトによると、オープンサイドで書いてあるLXはライトエキストラといい、軽量スキンサイド仕様という意味があるようだ。きれいな道を走る走り重視向けのタイヤサイドだと思う。

ブラック

サイド部分がゴムで守られている仕様がブラック。タイヤサイドが頑丈なため荒れた道を走っても、タイヤサイドが傷ついてパンクする可能性が低くなる。またタイヤサイドがゴムで守られているため耐候性は高いと思われる。但しオープンサイドのLXみたいな走りの軽さとしなやかな乗り心地は期待できない。パセラの700×23C、25C、28Cとハイロードブラック26×1.5で使ったことがある。ハイロードブラック26×1.5は走りの軽さと乗り心地はパセラLXと比べたら非常に劣ると思った。スピードよりも耐久性を重視する人向きだと思う

アメクロ

タイヤサイドのカラーがベージュ色になっているモデルがアメクロ。ブラックみたいにタイヤサイドが守られているため、耐候性は比較的高いと思われる。自分はパセラのアメクロは700×32cで使用しているが、耐候性はブラックと比べたらどのくらい違うかはあまりわからない。サイドがベージュなのでレトロで決める人には良いかもしれない。

走りの軽さとしなやかな乗り心地の利点がある一方、タイヤサイドが弱いオープンサイド(LX)、タイヤサイドの耐候性が高い利点がある一方、走りの軽さとしなやかな乗り心地は期待できないブラックと大きな違いがあるので、買う時は自分はどの欠点を受け入れることができるか考えたほうが良いと思う。

楽天でパナレーサーのオープンサイドのタイヤを探してみる

楽天でパナレーサーのアメクロのタイヤを探してみる

Amazon.co.jpでパナレーサーのオープンサイドのタイヤを探してみる

Amazon.co.jpでパナレーサーのブラックのタイヤを探してみる

Amazon.co.jpでパナレーサーのアメクロのタイヤを探してみる

スポンサーリンク