早めに登場した2015年モデル TREK FXシリーズ

一部のブランドでは早々と2015年モデルが登場している。そんな中TREKはクロスバイクのFXシリーズの2015年モデルをサイトで公開したようだ。

FXがフルモデルチェンジして新登場 | トレック

安価で多くの販売店で購入できるクロスバイクが多い中、あまり安くないTREKのFXシリーズは、価格ではなく、付加価値で勝負しているようだ。フレームはケーブルが内装式になっているが、これは8万円以上する7.4FX以上に採用されている。またキックスタンドを装着する専用台座もあるが、似たようなのはSCOTT SUBでやっていたので、決して独自機能ではない。勿論あったらあったらで嬉しい機能なのは確かだけど、強力な購入動機にはあまりならないと思う。

2015年モデルのFXシリーズで一番の特徴なのが、チェーンステイにセンサーを内蔵できるフレームになっていること。この手の機構は高価なハイエンドロードバイクで見られる物だったけど、クロスバイクで採用されるのは珍しいと思う。因みにTREK側のWebページでは、Bluetooth対応センサーをフレームに取り込んだクロスバイクはTREK FXが世界初のこと。この機構は一番安い7.2FXでも採用されているようだ。

既にラインナップとサイズ、価格が公開されているがスペックは公開されていない。トレック・ジャパンウェブサイトのバイクページへの掲載は7月初旬に行う予定なので少し待つ必要があるようだ。

スポンサーリンク